• HOME
  • ザ・セラー六本木とは?
  • ワインの選び方
  • スタッフ紹介
  • ご利用ガイド
  • THE CELLAR NEWS
  • お問い合わせ
ログイン
スタッフのオススメ
自然派から探す
スタッフのオススメ
メルマガ会員募集中
セミナーレポート
ワインの選び方
スタッフ紹介
THE CELLAR NEWS
熨斗・ラッピング対応しております。
公式Facebook

実店舗情報

The Cellar Roppongi

ザ・セラー六本木

  • 営業時間11:00 〜 21:00
    (日祝は20:00まで)
  • 店休日無休(正月三箇日及びビル休業日を除く)
  • 所在地東京都港区六本木1-4-5アークヒルズ サウスタワーB1F
  • TEL03-3586-1075
The Cellar Akihabara

ザ・セラー秋葉原

  • 営業時間10:00 〜 22:00
  • 専門スタッフ対応時間16:00 〜 21:00
  • 店休日無休 (正月三箇日を除く)
  • 所在地東京都千代田区外神田4-14-1 秋葉原UDXビル 1FFUKUSHIMAYA TASTING MARKET内
  • TEL03-5295-2992
The Cellar Ginza

ザ・セラー銀座

  • 営業時間平日 12:00 〜 21:00
    土・祝 11:00 〜 20:00
    日 11:00〜18:00
  • 店休日月曜日定休
    ただし月曜日が祝日の場合営業11:00〜18:00
  • 所在地東京都中央区銀座6-2-1 Daiwa銀座ビル 1F リーデル銀座店内
  • TEL03-6264-6128
 

トップ>トラペ P&F

ドメーヌトラペ

トラペ P&F

当主のジャン・ルイ・トラペと妻のアンドレ
当主のジャン・ルイ・トラペと妻のアンドレ

ドメーヌ・トラペ(ジャン・ルイ・トラペ)は間違いなくコート・ド・ニュイを代表するスタードメーヌの1つで、フランスで最も権威あるワイン誌メイユール・ヴァン・ド・フランスで最高評価3ツ星を獲得している数少ないドメーヌです。
トラペの歴史は1800年代後半シャンボール・ミュジニー村に生まれたルイ・トラペがジュヴレ・シャンベルタン村の女性と結婚しジュヴレ・シャンベルタンに移り住んだことが始まりで、1870年息子であるアルテュールがドメーヌを設立します。
当時はフィロキセラが発生し混乱を招いていた頃でしたが、アルテュールは接ぎ木を用いる事でワイン業界を活性化させる事が出来ると信じ畑を購入。最初に購入したのは村名区画で、20世紀初頭にはシャンベルタン、ラトリシエール・シャンベルタンといった偉大なグラン・クリュを購入しています。

トラペの所有するジュヴレ・シャンベルタン村の畑
トラペの所有するジュヴレ・シャンベルタン村の畑

1920〜1930年代は第一次世界大戦の影響もあり、多くのブルゴーニュ生産者同様、非常に経営が苦しく生産されたぶどうはメゾン・ルロワやジョセフ・ドルーアンなどのトップ・ネゴシアンに売却されていました。その後1950年代に入って自社詰めを行い始め、安定して自社詰めが行われるようになったのは1970年代半ばです。1980年代には低迷期を迎えましたが1995年にディジョン大学で学びボルドー、ランス、カリフォルニアで研修を行ったジャン・ルイが後を継ぐとその名声を取り戻します。
現在トラペはジュヴレ・シャンベルタン村を中心としたブルゴーニュの他に、妻の実家であるアルザスのワインも生産していますが、こちらの品質も非常に高く、アルザスを代表する生産者と比べても遜色のないワインを生産しています。

トラペのカーヴ
トラペのカーヴ

トラペは現在15.5haの畑から生産が行われていますがそのうち自社畑は13.5ha。2つの素晴らしいプルミエ・クリュと3つのグラン・クリュを所有しています。1995年ジャン・ルイに指揮権が移ってすぐの1996年にビオディナミ栽培に変更。除草剤の禁止、グリーンハーベストの導入や12000本/haの高密植度を行う事で収量を厳格に制限し果実の凝縮感を高めます。
1998年からビオディヴァン、2005年からはエコセールの認証を受け、ドメーヌはこの厳格な基準のもと今もなお試行錯誤を繰り返しています。
ジャン・ルイが当主になってからのドメーヌ・トラペのワインは非常に高いレベルにまで到達していると言えます

ワインを発酵させるキュヴリエとトラペのチーム
トラペの所有するジュヴレ・シャンベルタン村の畑

多くの偉大な生産者同様ジャン・ルイは非常に高品質なブドウを生産しているため、醸造に関してあまり心配する必要がありません。収穫以前から選果が行われ、収穫の際にも選果、ヴィンテージに応じて除梗が行われます。
ボジョレーのマセラシオン・カルボニックに似た細胞内発酵を可能にする全房発酵は通常25%行われますがどの程度全房発酵を行うかはその年の果梗の成熟度によって決定します。
5〜7日に渡る低温浸漬で過度なタンニンの抽出を避け、より深い色調とアロマを引き出します。軽く破砕を行い、キュヴェゾンはより穏やかな抽出を行う為に長めに設定。発酵は天然酵母を使用し、上部開放式の発酵槽で行われます。
ぶどうの質だけでなく樽の産地にもこだわり、自然乾燥によって造られた樽しか使用しません。ワインに応じて新樽比率を変え、15〜18ヶ月行いますが、樽を使用するのは若いワインの制御された酸化の促進を目的としています。
一般的にプルミエ・クリュで20%、グラン・クリュで30〜40%の新樽を使用。使用する樽はアリエ産かトロンケ産のものです。
ヴィンテージに応じてですが基本的にノン・フィルター、ノン・コラージュでフィルタリングが行われる場合でも10%に満たしません。

2017年ヴィンテージ


 
トラペP&Fのトップキュヴェ " Chambertin Grand Cru 2017 "(シャンベルタン グランクリュ 2017年)が見事、フランスを代表するワインのバイヤーズ・ガイド誌 "Les Meilleurs Vins de France 2020" において、最高評価である20点満点を獲得いたしました。
ルロワ シャンベルタン 2017 と同評価ではありますが、価格の桁が1個違います。

参考までに、
ジョルジュ・ルーミエ シャンボール・ミュジニ プルミエ・クリュ アムルーズ 2017 が 19/20
ジョルジュ・ルーミエ ボンヌ・マール 2017 が 18.5/20

価格、入手難易度ともに圧倒的に優れていることが分かります。

ちなみに、
ラトリシエール シャンベルタン 2017 は、 19/20
シャペル シャンベルタン 2017 は、 19.5/20

こちらもとても良いです。おすすめです。

数年後には手に入れづらい生産者になってしまうのでしょうか。
手に入れやすいうちにぜひ!
販売ページ