• HOME
  • ザ・セラー六本木とは?
  • ワインの選び方
  • スタッフ紹介
  • ご利用ガイド
  • THE CELLAR NEWS
  • お問い合わせ
ログイン
メルマガ会員募集中
セミナーレポート
ワインの選び方
スタッフ紹介
THE CELLAR NEWS
熨斗・ラッピング対応しております。
公式Facebook

calendar

2019年 04月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30     
今日
2019年 05月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

実店舗情報

The Cellar Roppongi

ザ・セラー六本木

  • 営業時間11:00 〜 22:00
    (土日祝は21:00まで)
  • 店休日無休(正月三箇日及びビル休業日を除く)
  • 所在地東京都港区六本木1-4-5アークヒルズ サウスタワーB1F
  • TEL03-3586-1075
The Cellar Akihabara

ザ・セラー秋葉原

  • 営業時間10:00 〜 22:00
  • 専門スタッフ対応時間16:00 〜 21:00
  • 店休日無休 (正月三箇日を除く)
  • 所在地東京都千代田区外神田4-14-1 秋葉原UDXビル 1FFUKUSHIMAYA TASTING MARKET内
  • TEL03-5295-2992
The Cellar Ginza

ザ・セラー銀座

  • 営業時間平日 12:00 〜 21:00
    土・祝 11:00 〜 20:00
    日 11:00〜18:00
  • 店休日月曜日定休
    ただし月曜日が祝日の場合営業11:00〜18:00
  • 所在地東京都中央区銀座6-2-1 Daiwa銀座ビル 1F リーデル銀座店内
  • TEL03-6264-6128
 

トップ > 価格から探す > ¥2,000〜¥5,000 > パーチナ ラ・ローザ パーチナ 2016

パーチナ ラ・ローザ パーチナ 2016

拡大画像

※画像はイメージのため実際の商品とは異なる場合があります。

パーチナ ラ・ローザ パーチナ 2016

商品番号
299722670094
英語表記
Pacina La Rosa 2016
原産国
イタリア
生産地域
トスカ−ナ
輸入元
ヴィナイオータ
容量
750ml
アルコール度数
価格 : 3,300円(税抜)
ポイント : 35
数量
 

15,000円以上お買い上げで1梱包(9本まで)配送料無料ただし、沖縄県に関しましてはお客様に1,400円御負担頂きます。

かごに入れる
  • お気に入りリスト
  • 商品についての問い合わせ
味わいMAP

古くからの循環型有機農業を実践

品種:サンジョヴェーゼ100%

トスカーナ

ステーファノ&ジョヴァンナ ティエッツィ夫妻によって営まれるワイナリー。西暦900年代に修道院として建てられた建物とその当時に開墾された葡萄畑や畑、森など40ヘクタールの敷地に、17世紀にティエッツィ家が住みつき、現在に至ります。畑では17世紀に彼らの祖先が行っていたであろう、循環型の有機農業を実践、ボルドー液以外の薬剤は一切使用せず、ヘクタールあたり50ヘクトリットルに収量を抑えています。ワイナリーでも野生酵母を使ってのマセレーション、発酵の後に500−700リットルの樽へと移されボトリングまでの期間を一回も樽の移し替えも行なわなわず、ノンフィルターでボトリング。2酸化硫黄の添加はボトリング前にごく少量を使用するのみです。ワイナリーはキャンティの南東部にあり、キャンティ・クラシコD.O.C.G制定の際には2009年のキャンティが遊離亜硫酸塩(酸化防止剤)の量が少ないという理由で官能検査で落とされてしましました。ワインとしては全くもって安定しているのに、たかがDOCGを取るためだけに酸化防止剤など入れてられるか!!ということで再度の官能検査を受けずにリリースされたのが、「パーチナ」です。このラ ローザは醗酵初期段階のサンジョヴェーゼのモストを一部取り出して造るロゼ







 

本名 凌人
arrow

実は、隠れロゼ好きなんです。
このパーチナも一昨年のヴィナイオータのイベントで初めてテイスティングして感動しました。
香りは少し、野性味があって所謂ビオ臭も漂うのですが、そんなことも気にならないくらいに味がバッチリ。。
なんていうか口当たりは甘さ控えめイチゴジャムを頬張ったようなチャーミングな味わいがあり、とても柔らかいのですが、アフターにかけてかなり優しく、でも芯のある酸とタンニンが伸びていきます。
表現するのって難しいのですが、洗練された味わいと自然な旨さが見事に調和していて優等生なんだけどちょっと悪で、みんなに優しい。そんな感じのワイン。
とっつきにくいようで懐の深いやつ。言ってて思いましたが、完璧な人じゃないか。。
でも本当にそれくらい絶妙なバランスで存在するワインです。
気軽にも飲めるし、じっくりと向き合っても申し分ないそんな優れたワインです。
個人的には、ちょっと飲み疲れた次の日の夜にグラス2〜3杯飲みたいときに使いたい感じ。きっと、ささやかな癒しを与えてくれるでしょう。
ビオっぽい香りが苦手な人は、早め抜栓もしくは2日目にとっておくのがベターです。
ぜひお試し下さい。

この商品についてのレビュー

  氏名 : 評点 :
内容 :
レビューを書く

入力された顧客評価がありません。