• HOME
  • ザ・セラー六本木とは?
  • ワインの選び方
  • スタッフ紹介
  • ご利用ガイド
  • THE CELLAR NEWS
  • お問い合わせ
ログイン
メルマガ会員募集中
セミナーレポート
ワインの選び方
スタッフ紹介
THE CELLAR NEWS
熨斗・ラッピング対応しております。
公式Facebook

calendar

2019年 02月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28   
今日
2019年 03月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31       

実店舗情報

The Cellar Roppongi

ザ・セラー六本木

  • 営業時間11:00 〜 22:00
    (土日祝は21:00まで)
  • 店休日無休(正月三箇日及びビル休業日を除く)
  • 所在地東京都港区六本木1-4-5アークヒルズ サウスタワーB1F
  • TEL03-3586-1075
The Cellar Akihabara

ザ・セラー秋葉原

  • 営業時間10:00 〜 22:00
  • 専門スタッフ対応時間16:00 〜 21:00
  • 店休日無休 (正月三箇日を除く)
  • 所在地東京都千代田区外神田4-14-1 秋葉原UDXビル 1FFUKUSHIMAYA TASTING MARKET内
  • TEL03-5295-2992
The Cellar Ginza

ザ・セラー銀座

  • 営業時間平日 12:00 〜 21:00
    土・祝 11:00 〜 20:00
    日 11:00〜18:00
  • 店休日月曜日定休
    ただし月曜日が祝日の場合営業11:00〜18:00
  • 所在地東京都中央区銀座6-2-1 Daiwa銀座ビル 1F リーデル銀座店内
  • TEL03-6264-6128
 

トップ > 輸入元から探す > ヘレンベルガーホーフ > ラングマン シルヒャー・ホッホグレイル 2017

ラングマン シルヒャー・ホッホグレイル 2017

拡大画像

※画像はイメージのため実際の商品とは異なる場合があります。

ラングマン シルヒャー・ホッホグレイル 2017

商品番号
9120029008434
英語表記
Langmann Shilcher Hochgrail 2017
原産国
オーストリア
生産地域
ウェストシュタイヤーマルク
輸入元
ヘレンベルガーホーフ
容量
750ml
アルコール度数
-%
価格 : 3,400円(税抜)
ポイント : 36
数量
 

15,000円以上お買い上げで1梱包(9本まで)配送料無料ただし、沖縄県に関しましてはお客様に1,400円御負担頂きます。

かごに入れる
  • お気に入りリスト
  • 商品についての問い合わせ
味わいMAP

1700年代から続く伝統的なワイナリー

品種:ブラウアー・ヴィルトバッハー

オーストリアの最南端、スロベニア国境と隣接するウェストシュタイヤーマルクは地中海性気候の影響もあり、温暖で湿度も高い地域です。
地域の名産はブラウアー・ヴィルトバッハーという黒葡萄から造られるロゼワイン「シルヒャー」です。 世界一酸度が高いロゼワインとも呼ばれており、日本の気候とも似た湿度の高いこの地域にぴったりのワインです。 そんなシルヒャーで最も名をはせている生産者の1人がラングマンです。
ラングマンは1700年代から続く伝統的なワイナリーで、代々、生産のほとんどがシルヒャーです。 現当主のシュテファン・ラングマンさんは、並々ならぬ郷土愛を持ち、シルヒャーを愛し、地元が誇るその素晴らしい味わいのロゼワインを世界に発信する代表的な生産者です。
真面目で情熱的な彼の造るシルヒャーは、酸度が高いだけでなく果実味豊富で土地由来のミネラルを存分に感じる非常にバランスの良いワインに仕上がっています。
ホッホグレイルは最大斜度60度以上にもなる急斜面の畑です。 ストロベリーピンク、柑橘系の強い酸味、メロンのようなフルーツの味も感じられるワインです。

馬場
arrow

世界一酸っぱいロゼですって? 食指が動かないキャッチフレーズですが・・・ スタッフの自称オーストリアワイン大使 山崎が (エッ!!今ではナパワイン トリビア王なのですか?!) 現地で試飲して是非とも日本の皆様に味わってもらいたく 取り扱いを決めた、と熱く語るのでトライしてみます。
透明感がある美しい色ですね。 香りも色合いもイチゴを想起させます。 口に含むと「酸っぱー!」ではなく 例えて言えば 自然に実ったイチゴを野原でかじったような。
「世界一酸っぱいロゼ」改め「世界一ミネラルと酸の凛々しいロゼ」 と呼ばせていただきます。
キリッとしていて何回も杯を重ねられます。 現地ではカリッと揚がったフライドチキンとあわせるとのこと。 しっかりした味付けのハムとも好相性でした。

この商品についてのレビュー

  氏名 : 評点 :
内容 :
レビューを書く

入力された顧客評価がありません。