• HOME
  • ザ・セラー六本木とは?
  • ワインの選び方
  • スタッフ紹介
  • ご利用ガイド
  • THE CELLAR NEWS
  • お問い合わせ
ログイン
メルマガ会員募集中
セミナーレポート
ワインの選び方
スタッフ紹介
THE CELLAR NEWS
熨斗・ラッピング対応しております。
公式Facebook

calendar

2018年 10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31    
今日
2018年 11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

実店舗情報

The Cellar Roppongi

ザ・セラー六本木

  • 営業時間11:00 〜 22:00
    (土日祝は21:00まで)
  • 店休日無休(正月三箇日及びビル休業日を除く)
  • 所在地東京都港区六本木1-4-5アークヒルズ サウスタワーB1F
  • TEL03-3586-1075
The Cellar Akihabara

ザ・セラー秋葉原

  • 営業時間10:00 〜 22:00
  • 専門スタッフ対応時間16:00 〜 21:00
  • 店休日無休 (正月三箇日を除く)
  • 所在地東京都千代田区外神田4-14-1 秋葉原UDXビル 1FFUKUSHIMAYA TASTING MARKET内
  • TEL03-5295-2992
The Cellar Ginza

ザ・セラー銀座

  • 営業時間平日 12:00 〜 21:00
    土・祝 11:00 〜 20:00
    日 11:00〜18:00
  • 店休日月曜日定休
    ただし月曜日が祝日の場合営業11:00〜18:00
  • 所在地東京都中央区銀座6-2-1 Daiwa銀座ビル 1F リーデル銀座店内
  • TEL03-6264-6128
 

トップ>ニコライホーフ

ニコライホーフ

ニコライホーフ

ニコライホーフさん

2000年前にローマ人がドナウ河流域のヴァッハウ地区マウテルンに建設したワインセラーが土台となる歴史ある醸造所。ワイナリーのシンボルとなっている聖ニコライ修道院は985年に建造された物です。1894年にサース家の所有となり、ワイナリーとして復活させました。 当主のニコラウス・サース氏と息子のニコラウスJr.氏が栽培・醸造を手がけ、クリスティーネ・サース夫人が輸出や啓蒙を担当しています。1971年からビオディナミを取り入れ、1992年にはdemeter(デメテール)の認定を受けています。

※demeter(デメテール)とは?
ドイツを中心にルドルフ・シュタイナー博士の農業講座(ビオディナミ農法)の実践をしている団体で、ビオディナミ農法に則ってぶどう栽培が行われているこ とを証明しています。ビオディナミを実践している団体はこれ以外にもあります。ワインラベルには「demeterマーク」の記載が許されます。

 

品質はオーストリアの最高峰です。醸造所はドナウ河流域のヴァッハウ地区マウテルンにあり、建物はもともと985年建造(古代ローマ時代)の聖ニコライ修道院でした。この修道院を約110年前に現当主のサース家が買い取り、ワイン造りを始めます。 品種は主にリースリング種やグリューナー・フェルトリーナー種で、大樽による古典的な醸造を頑固に守り続けています。なお、このヴァッハウ地区では、カビネットやシュペートレーゼ等に代わって、フェーダーシュピール、スマラクトといった独自の呼称を用いています。

ニコライホーフカーヴ

所有畑は約22ha。自然との共存を考え、農薬や化学肥料は一切使用せず、動物の堆肥や植物を煎じたプレパラシオンという調合剤を使用するビオディナミを取り入れています。
畑の土は空気を含み足が沈み込むほどフカフカで微生物たちが生きていることが感じられます。ウサギなどにブドウの葉を食べられないように、畑の周りにウサギが好む植物を育てるなど、まさしく自然と共存した葡萄栽培が行われています。
また、化学肥料を使った畑との違いは、道を挟んだビオではない別の生産者の葡萄の葉を見ると、一目瞭然です。ニコライホーフの畑の葉は、全て上(空の方角)を向き内側に湾曲して太陽の光を充分浴びるようとする植物自体の生命力を感じさせられます。
ビオディナミ農法の考えの根底には「太陽や月の動きが環境に及ぼす影響を考慮しながらワイン造りを進める」、「草や木に宇宙の情報を取り入れることが大事」というコンセプトがあります。メス牛の角はその宇宙の情報を受信するために生えているとされ、その角に牛糞を詰め「500番」と呼ばれる調合剤を作り、冬の間地中の埋める、これは土に直接働きかけ土壌に活力与えると言われます。

販売ページ