• HOME
  • ザ・セラー六本木とは?
  • ワインの選び方
  • スタッフ紹介
  • ご利用ガイド
  • THE CELLAR NEWS
  • お問い合わせ
ログイン
メルマガ会員募集中
セミナーレポート
ワインの選び方
スタッフ紹介
THE CELLAR NEWS
熨斗・ラッピング対応しております。
公式Facebook

calendar

2018年 09月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30       
今日
2018年 10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31    

実店舗情報

The Cellar Roppongi

ザ・セラー六本木

  • 営業時間11:00 〜 22:00
    (土日祝は21:00まで)
  • 店休日無休(正月三箇日及びビル休業日を除く)
  • 所在地東京都港区六本木1-4-5アークヒルズ サウスタワーB1F
  • TEL03-3586-1075
The Cellar Osaki

ザ・セラー大崎

  • 営業時間平日 8:30 〜 21:00
    土日祝 10:00 〜 20:00
  • 専門スタッフ対応時間平日 16:00 〜 21:00
    土日祝 16:00 〜 20:00
  • 店休日無休(年末年始を除く)
  • 所在地東京都品川区大崎1-11-1 ゲートシティプラザ ウエストタ ワーB1F リラック大崎店内
  • TEL03-6674-2104
The Cellar Akihabara

ザ・セラー秋葉原

  • 営業時間10:00 〜 22:00
  • 専門スタッフ対応時間16:00 〜 21:00
  • 店休日無休 (正月三箇日を除く)
  • 所在地東京都千代田区外神田4-14-1 秋葉原UDXビル 1FFUKUSHIMAYA TASTING MARKET内
  • TEL03-5295-2992
The Cellar Ginza

ザ・セラー銀座

  • 営業時間平日 12:00 〜 21:00
    土・祝 11:00 〜 20:00
    日 11:00〜18:00
  • 店休日月曜日定休
    ただし月曜日が祝日の場合営業11:00〜18:00
  • 所在地東京都中央区銀座6-2-1 Daiwa銀座ビル 1F リーデル銀座店内
  • TEL03-6264-6128
 

トップ>地味だけど旨い。ニュイ・サン・ジョルジュ 5本セット

地味だけど旨い。ニュイ・サン・ジョルジュ 5本セット

地味だけど旨い。ニュイ・サン・ジョルジュ 5本セット

グランクリュがないからでしょうか・・・? お隣のヴォーヌ・ロマネに比べるといまいち地味なニュイ・サン・ジョルジュですが私はブルゴーニュの中で一番好きなアペラシオンです。

どこが好きかというと 真ん中にピシッと鉄の芯が通ってるような骨格と、若いときはどこか荒々しい感じがしますが、熟成すると官能的に変化するところ、そして熟成しても真ん中のびしっとした芯が消えないところです。ごくごく個人的な私のニュイ・サン・ジョルジュのイメージですが・・・

そんな私の為に(?)スタッフ本名がニュイ・サン・ジョルジュ 5本セットを組んでくれました。

■ニュイ・サン・ジョルジュと言えばこの生産者、樹齢100年以上の古木を大事に手入れしてワインを造るロベール・シュヴィヨン

■ニュイ・サン・ジョルジュを代表するプルミエ・クリュ、レ・サンジョルジュをこれまたニュイ・サン・ジョルジュを語るにははずせない生産者アンリ・グージュ。
■これまた、ニュイ・サン・ジョルジュを代表するプルミエ・クリュルジュ、レ・カイユ。こちらはブシャール P&Fの飲み頃2006年ヴィンテージです。
以上3本はニュイ・サン・ジョルジュ南側のまさに True of
Nuits Saint Georges!のエリアからのワイン。

以下2本はニュイ・サン・ジョルジュ北側のヴォーヌ・ロマネから続く丘陵に位置するォーヌ・ロマネっぽいエレガントなスタイルです。

エマニュエル・ルジェ!の村名と、
■ペロ・ミノの所有するプルミエ・クリュ、レ・クラレ・ミュルジェ2つの区画からの葡萄で造られるクリュ。

以上重要生産者、重要プルミエ・クリュ、ニュイ・サン・ジョルジュの北も南も網羅した5本セットが
通常価格
74,500円(+tax)のところ50,000円(+tax)です。
限定4セットです。限定4セットです。
この機会に是非ニュイ・サン・ジョルジュ​にはまってみたい!という方はこちらをクリック↓↓↓

販売ページ

セット内容

emmanuel_rouget

エマニュエル・ルジェ
ニュイ・サン・ジョルジュ 2015

通常価格 :17,800円(税抜)

あのアンリ ジャイエ氏を叔父に持つ造り手
AOC : ニュイ・サン・ジョルジュ
あのアンリ ジャイエ氏を叔父に持つエマニュエル ルジェ氏は、偉大なる叔父からワイン造りを学びました。叔父の教えを尊重し、最高品質のものを造るという姿勢のエマニュエル氏のワインは、その外見とは裏腹に非常に繊細で芸術とも言える出来上がりになっています。また、同じく叔父のジョルジュ ジャイエ氏の畑を分益小作してのワイン造りも行っています。2人のワインの違いはテロワールよりも樽の使い方にあり、畑の位置や耕作、醸造などはほぼ同じですが、ジョルジュ氏のワインは新樽が使われていません。  葡萄栽培に関してもアンリ ジャイエ氏の哲学を受け継ぎ、葡萄は出来るだけ自然な方法で育てること、葡萄の収穫は早すぎても遅すぎてもいけないので、その年にとって適切な収穫時期を見極めること、収穫量を厳しく抑制することを心掛けています。畑仕事を重視するルジェ氏の手は荒れてゴツゴツとしていて固く、まさに農民の手です。  収穫は全て手摘みで、「ピノ ノワールのワインに葡萄の梗を入れるなど考えられない」と言うエマニュエル氏は除梗を100%行っています。

henri_gouges_nuits_saint_georges_les_saint_georges

アンリ・グージュ
ニュイ・サン・ジョルジュ レ・サン・ジョルジュ 2014

通常価格 : 20,000円(税抜)

ニュイ・サン・ジョルジュのトップクラスの造り手
AOC : ニュイ・サン・ジョルジュ プルミエクリュ レ・サン・ジョルジュ
第一次世界大戦後、父親より9haの畑を譲り受けたアンリ・グージュ氏は1925年にドメーヌを設立し、マルキ・ダンジェルヴィーユ氏やアルマン・ルソー氏らと共にその時代に蔓延していた粗悪なブルゴーニュワインを無くす為に尽力しました。
現在は2人の孫がドメーヌを運営しており、ピエール氏が畑、クリスチャン氏が醸造を担当しています。アンリ・グージュはブルゴーニュにおいて最も早い時期にドメーヌをはじめたことで知られています。非常にシルキーで滑らかな酒質ながらパワフルで見事なワイン。決して華やか系のワインではなくニュイ・サン・ジョルジュらしい雰囲気も見せていますが彼独特の酒質は他にはなかなか無い物で、知性的な香りのするワインです。2008年以降驚くほど酒質が素晴らしくなり今や隠れたブルゴーニュのトップ生産者となっております。
レ・サン・ジョルジュは、ヴォークラン畑の東にある村はずれの畑で、ニュイ・サン・ジョルジュ1級畑の中でも、最も香り高く、寿命の長いワインを生むことで知られています。

robert_chevillon_nuits_saint_georges_VV_2012

ロベール・シュヴィヨン
ニュイ・サン・ジョルジュ V.V. 2012

通常価格 : 9,000円(税抜)

ニュイ・サン・ジョルジュのトップドメーヌが造る、徹底した収量制限と遅摘みによる完熟葡萄のワイン
AOC : ニュイ・サン・ジョルジュ
1968年頃から頭角を現したニュイ・サン・ジョルジュの名門ドメーヌです。特筆すべき点は、畑の多くの樹が高樹齢である事です。なかには樹齢100年を超えるものもあります。その可能性を最大限発揮できるように、畑の管理をリュット・レゾネで行い、よりテロワールの個性が反映されるよう努力を惜しみません。また、霜などによるリスクをかえりみず剪定を厳しく行い、収量を極限まで抑えています。醸造は流行の低温マセラシオンは行わず、除梗を80〜100%行い、1次発酵は温度が35℃程度になるまでは自然に任せるスタイルです。エルヴァージュにおいては、新樽を30%程度までに抑えて18ヶ月間の樽熟成を行います。昔ながらの伝統的な醸造手法ですが、「ワインの良し悪しは畑の段階で決している」というのがこの蔵元の哲学であり、醸造段階では手を加えすぎないことを信条としています。
平均樹齢40年の古樹を使用しています。果実の凝縮感がありながら、品のある落ち着いた味わいで、飲み疲れすることなく、どこかほっとするような温かさを感じさせます。シュヴィヨン特有の、スミレやバラの花束の香りに包まれます。

boushard_p_f_nuits_saint_georges_les_cailles

ブシャールP&F
ニュイ・サン・ジョルジュ レ・カイユ 2006

通常価格 : 15,900円(税抜)

1731年創業のブルゴーニュを代表する名門ドメーヌ
AOC : ニュイ・サン・ジョルジュ プルミエクリュ レ・カイユ
1731年創業のブルゴーニュを代表する名門ドメーヌです。創業当初より現在の1級畑にあたる優れた区画を購入し続け、醸造元(ドメーヌ)でもありワイン商(ネゴシアン)でもあるという、今日まで続く会社形態の礎を築きました。現在では、コート・ドールとブーズロンに総面積130ヘクタール。内グランクリュが12ヘクタール、プルミエクリュが74ヘクタールという、他の追随を許さぬ大葡萄園主にまで成長しています。また、ボーヌ市街の地下に広がる瓶熟庫には、1846年のムルソーシャルムに始まる、数千本のオールド・ヴィンテージ・ワインが貯蔵されており、世界のワインファンから「ブルゴーニュの博物館」と呼ばれいます。過去、多くの作家や芸術家、ワイン評論家が招かれ、その奇跡のような深みを供されてきました。 80年代に経営難に陥っていたブシャール家でしたが、それを救ったのが、現在のオーナーでもある、シャンパーニュの名門「アンリオ」のジョセフ・アンリオ氏でした。1995年から新生ブシャールを立ち上げ、畑から醸造、貯蔵、瓶詰めに至るまで、大改革を行いました。その結果、新生ブシャールが目指す「畑の個性がくっきりと表れた」「魅力的な果実味と、洗練されたエレガンスをあわせもつ味わい」のワインが次々と産み出され、現在ではかつて以上の名声を得ています。
中でもこちらのニュイ・サン・ジョルジュ レ・カイユはワインはブシャール社所有の1級畑カイユ(1.07ha)からのワイン。一般的に男性的で骨格のあると言われるニュイサン・ジョルジュのワインですが、それとは対照的にこのレ・カイユは谷から流れ込む風による冷涼なミクロ・クリマと石灰の多い土壌ゆえ、フィネスを感じる仕上がりです。

perrot_minot_nuits_saint_georges_les_murgers_des_cras_2015

ペロ・ミノ
ニュイ・サン・ジョルジュ レ・ミュルジェ・デ・クラ VV 2015

通常価格 : 11,800円(税抜)

レ・クラとレ・ミュルジェという二つの1級畑から生産
AOC : ニュイ・サン・ジョルジュ
モレ・サン・ドニに本拠を構えて家族4代に渡りワイン造りを行っており、1973年現当主の父アンリ氏によりドメーヌ ペロ・ミノが設立されました。1993年現当主のクリストフ氏がドメーヌを相続、父から引き継いだ畑のワインは「ドメーヌ アンリ ペロ・ミノ」、クリストフ氏が入手した畑のワインは「ドメーヌ クリストフ ペロ・ミノ」でリリースしていましたが、2005年から自社畑のワインは「ドメーヌ ペロ・ミノ」に統一しています。また、1999年から自社畑の生産に加え買いブドウによる生産も開始し、「ペロ・ミノ」の名でリリースしています。2002年以前は凝縮感のあるスタイルでしたが、近年はテロワールの個性を重んじ、繊細で複雑、調和の取れたワイン造りを行っています。
こちらは、レ・クラとレ・ミュルジェという二つの1級畑から生産。レ・クラの区画は斜面の上部に位置しており、土が細かく、フローラルな香りを放つ繊細なワインを生み出している。レ・ミュルジェの区画は斜面の下部に位置しており、泥灰土や砂利の混じった粘土石灰質な土壌でできており、ワインにはスパイスを思わせる上品な香りをもたらしています。

販売ページ