• HOME
  • ザ・セラー六本木とは?
  • ワインの選び方
  • スタッフ紹介
  • ご利用ガイド
  • THE CELLAR NEWS
  • お問い合わせ
ログイン
メルマガ会員募集中
セミナーレポート
ワインの選び方
スタッフ紹介
THE CELLAR NEWS
熨斗・ラッピング対応しております。
公式Facebook

calendar

2018年 09月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30       
今日
2018年 10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31    

実店舗情報

The Cellar Roppongi

ザ・セラー六本木

  • 営業時間11:00 〜 22:00
    (土日祝は21:00まで)
  • 店休日無休(正月三箇日及びビル休業日を除く)
  • 所在地東京都港区六本木1-4-5アークヒルズ サウスタワーB1F
  • TEL03-3586-1075
The Cellar Osaki

ザ・セラー大崎

  • 営業時間平日 8:30 〜 21:00
    土日祝 10:00 〜 20:00
  • 専門スタッフ対応時間平日 16:00 〜 21:00
    土日祝 16:00 〜 20:00
  • 店休日無休(年末年始を除く)
  • 所在地東京都品川区大崎1-11-1 ゲートシティプラザ ウエストタ ワーB1F リラック大崎店内
  • TEL03-6674-2104
The Cellar Akihabara

ザ・セラー秋葉原

  • 営業時間10:00 〜 22:00
  • 専門スタッフ対応時間16:00 〜 21:00
  • 店休日無休 (正月三箇日を除く)
  • 所在地東京都千代田区外神田4-14-1 秋葉原UDXビル 1FFUKUSHIMAYA TASTING MARKET内
  • TEL03-5295-2992
The Cellar Ginza

ザ・セラー銀座

  • 営業時間平日 12:00 〜 21:00
    土・祝 11:00 〜 20:00
    日 11:00〜18:00
  • 店休日月曜日定休
    ただし月曜日が祝日の場合営業11:00〜18:00
  • 所在地東京都中央区銀座6-2-1 Daiwa銀座ビル 1F リーデル銀座店内
  • TEL03-6264-6128
 

トップ>ゲオルグ・ブロイヤー

ヴェドピーヴェッツ

ゲオルグ・ブロイヤー

現当主テレーザ・ブロイヤーさん
オーナーのクラレンス・ディロン氏


所有する畑


ほんの100年ほど昔、世界で最も高価で愛されてやまなかったワイン。それは、ボルドーでもブルゴーニュでもなく、ドイツのラインガウで造られた辛口のリースリングだったのです。しかし、その後市場で過小評価された時代が続きます。そこでドイツの生産者を中心にドイツワイン、リースリングの復権への取り組みが始まりました。その大きな立役者となったのがゲオルグ・ブロイヤーの先代当主ベルンハルト・ ブロイヤー氏でした。辛口へのシフト、格付けの廃止、徹底した低収量による畑名の意味づけ、カルタ同盟など、現在のドイツワインが再び世界の注目を集めるその道筋をしっかりと示した彼の活動には今でも賞賛の声が絶えません。
2004年5月惜しくもその短すぎる人生を終えた氏の遺志は現在愛娘であるテレーザ・ブロイヤーさんにより確実に継承されています。「リースリングを再び世界に冠たる食中酒へ」ダイナミックな父の面影を色濃く受け継ぐ彼女の今後の活動から目が離せません。今や欧米では リースリングがグラスワインとしてレストランで提供されるのは当たり前となり、シャルドネに劣らぬ白ワインとして不動の地位を得ています。『ドイツワイン、リースリングの復興』という壮大な夢は今着実に実を結びつつあります。

ゲオルグ・ブロイヤーはラインガウ地方のなかでも著名な2つの村、世界遺産であるライン渓谷中流上部のリューデスハイム村(粘板岩と石英層)とさらに約18キロ離れたラウエンタール村(砂利層)の日当たりが良くライン河の照り返しを全面に受ける最高の条件を持つ優良畑を所有しています。栽培においては限界まで葡萄を熟成させること、収穫の際厳しく選別することに最大限の注意を払っています。その中でいわゆる果汁の糖度を重視するのではなく果実味豊かで、ボディがあり、酸味と甘味のバランスのとれた葡萄を収穫することに重きを置いています。醸造の段階では極力手をかけず昔ながらの手法を踏襲しています。
食事と合わせることを前提とし、そのほとんどを「辛口」及び「中辛口」に仕上げています。その味わいは多数のメディアにも取り上げられ、「透明感があり力強くも果実味豊か」「ボディのしっかりとしたエレガントな辛口リースリング」と賞賛を集めています。 

販売ページ