• HOME
  • ザ・セラー六本木とは?
  • ワインの選び方
  • スタッフ紹介
  • ご利用ガイド
  • THE CELLAR NEWS
  • お問い合わせ
ログイン
メルマガ会員募集中
セミナーレポート
ワインの選び方
スタッフ紹介
THE CELLAR NEWS
熨斗・ラッピング対応しております。
公式Facebook

calendar

2018年 10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31    
今日
2018年 11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

実店舗情報

The Cellar Roppongi

ザ・セラー六本木

  • 営業時間11:00 〜 22:00
    (土日祝は21:00まで)
  • 店休日無休(正月三箇日及びビル休業日を除く)
  • 所在地東京都港区六本木1-4-5アークヒルズ サウスタワーB1F
  • TEL03-3586-1075
The Cellar Akihabara

ザ・セラー秋葉原

  • 営業時間10:00 〜 22:00
  • 専門スタッフ対応時間16:00 〜 21:00
  • 店休日無休 (正月三箇日を除く)
  • 所在地東京都千代田区外神田4-14-1 秋葉原UDXビル 1FFUKUSHIMAYA TASTING MARKET内
  • TEL03-5295-2992
The Cellar Ginza

ザ・セラー銀座

  • 営業時間平日 12:00 〜 21:00
    土・祝 11:00 〜 20:00
    日 11:00〜18:00
  • 店休日月曜日定休
    ただし月曜日が祝日の場合営業11:00〜18:00
  • 所在地東京都中央区銀座6-2-1 Daiwa銀座ビル 1F リーデル銀座店内
  • TEL03-6264-6128
 

トップ>シャトー・デ・トゥール

シャトー・デ・トゥール

シャトー・デ・トゥール

エマニュエル・レイノー氏
エマニュエル・レイノー氏
シャトー・デ・トゥール
シャトー・デ・トゥール


シャトー・ヌフ・デュ・パプ最高峰の造り手として君臨するラヤス。そのラヤスを手がけるのが、現当主であるエマニュエル・レイノー氏です。レイノー氏は現在3つのシャトーを運営しています。1880年にエマニュエル氏の曾祖父が葡萄栽培を始めたところからスタートしたこのシャトーは、1920年には瓶詰を始めてシャトーのワインとして売り出すようになりました。その後、レイノー家はシャトー・デ・トゥール、シャトー・ド・フォンサレットを購入してワイン造りの幅を広げ、現在では合計約60haの葡萄畑を所有しています。シャトー・デ・トゥールはエマニュエル氏の父から、シャトー・ライヤとシャトー・ド・フォンサレットは叔父のジャック・レイノー氏から引き継いで運営しています。

シャトー・デ・トゥールはシャトー・ヌフ・デュ・パプの東にあるサリアン村に位置し、こちらはシャトー・ライヤの醸造所とは対照的に照明が明るく、近代的な設備が完備されています。約40haの葡萄畑では赤ワイン用にグルナッシュ、サンソー、シラー、メルロー、クノワーズ、白ワイン用にグルナッシュ・ブラン、カリニャンが栽培されています。

デトゥールのワインはどのワインも十分にセラーでの熟成を経てリリースされるため、通常この地域の他の生産者と比べるとヴィンテージが1-3年古く、当然味わいもバランスの取れたものになります。その一方で、リリース直後も熟成を続ける高いポテンシャルを秘めており、たとえベーシックなクラスのワインであっても10年以上も容易に熟成し、素晴らしい味わいを獲得します。

レイノー氏はまた気難しい性格であると噂されています。その為彼に会う事自体も難しく、会えたとしても愛想が無い対応となることもしばしばと言われます。しかしその実は、「畑に立ち、仕事をする時間」が惜しいがため、1秒たりとも時間を無駄にしたくないという生粋のブドウ生産者が故の行動なのです。レイノー氏は、並々ならぬ想いをもって畑での仕事に集中しているため、それ以外の世事に惑わされるのを嫌います。まさに職人気質のワイン生産者なのです。

販売ページ