• HOME
  • ザ・セラー六本木とは?
  • ワインの選び方
  • スタッフ紹介
  • ご利用ガイド
  • THE CELLAR NEWS
  • お問い合わせ
ログイン
メルマガ会員募集中
セミナーレポート
ワインの選び方
スタッフ紹介
THE CELLAR NEWS
熨斗・ラッピング対応しております。
公式Facebook

calendar

2018年 10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31    
今日
2018年 11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

実店舗情報

The Cellar Roppongi

ザ・セラー六本木

  • 営業時間11:00 〜 22:00
    (土日祝は21:00まで)
  • 店休日無休(正月三箇日及びビル休業日を除く)
  • 所在地東京都港区六本木1-4-5アークヒルズ サウスタワーB1F
  • TEL03-3586-1075
The Cellar Akihabara

ザ・セラー秋葉原

  • 営業時間10:00 〜 22:00
  • 専門スタッフ対応時間16:00 〜 21:00
  • 店休日無休 (正月三箇日を除く)
  • 所在地東京都千代田区外神田4-14-1 秋葉原UDXビル 1FFUKUSHIMAYA TASTING MARKET内
  • TEL03-5295-2992
The Cellar Ginza

ザ・セラー銀座

  • 営業時間平日 12:00 〜 21:00
    土・祝 11:00 〜 20:00
    日 11:00〜18:00
  • 店休日月曜日定休
    ただし月曜日が祝日の場合営業11:00〜18:00
  • 所在地東京都中央区銀座6-2-1 Daiwa銀座ビル 1F リーデル銀座店内
  • TEL03-6264-6128
 

トップ>ドメーヌ・ド・ラルロ

ドメーヌ・ド・ラルロ

ドメーヌ・ド・ラルロ

醸造責任者のジェラルディーヌ・ゴドー氏
醸造責任者のジェラルディーヌ・ゴドー氏

1987年、アクサ・ミレジムは、ジャン・ピエール・ド・スメの働きかけでプレモーのドメーヌ・ジュール・ベランを買収しました。
同時に両者は業務遂行のために5:5の割合による持株会社を設立し、この関係は2006年にジャン・ピエールが引退しアクサが全株式を取得するまで続きました。

単独所有するクロ・ド・ラルロの畑
単独所有するクロ・ド・ラルロの畑

もともとドメーヌは3つの単独所有畑、コンプラシアンのクロ・デュ・シャポー、ドメーヌが本拠を置く、クロ・デュ・ラルロ、クロ・デュ・フォレ・サン・ジョルジュから成っていました。
1991年、ロマネ・サン・ヴィヴァンのわずかな畑を手に入れ、翌年にはヴォーヌ・ロマネ・レ・スショを買い、ドメーヌの総面積は14haまでになりました。
ぶどう畑は2000年以降部分的に、2003年以降は全面的に、ビオディナミにより耕作されています。

ドメーヌ・ド・ラルロの収穫風景
ドメーヌ・ド・ラルロの収穫風景

ワインに始まり、醸造所のレイアウトに至るまで、ここにはドメーヌ・デュジャックの影響がはっきり認められます。ドメーヌ・デュジャックのジャック・セイスは、ジャン・ピエールの旧友かつ庇護者だからです。

畑には選果台が、集果場には振動テーブルが備わっています。果梗はできるかぎり残しますが、クロ・デュ・ラルロではクロ・デュ・フォレほど用いられません。
ドメーヌは自前の樽材を買い入れ、2〜3年乾燥させ、樽業者レモンに組み上げてもらいます。新樽はクロ・デュ・ラルロで約40%、クロ・デュ・フォレとロマネ・サン・ヴィヴァンではそれよりやや多くなります。

クロ・デュ・ラルロとクロ・デュ・フォレの若木は別々に醸造、瓶詰めされ、それぞれプティ・アルロ、一級のレ・プティ・プレになります。
また、クロ・デュ・ラルロの一部からは白のセカンドワインが造られ、ニュイ・サン・ジョルジュ・ラ・ジェルボットの名で売られます。

全房醗酵で仕込んでいるため抽出は柔らかく、純粋無垢な味わい。
色調は薄いながらもしっかりとつまった果実味、綺麗な酸、絹のようなタンニンがあります。
2014年から醸造責任者がジェラルディーヌ・ゴドー(アレックス・ガンバルの醸造責任者)という女性の醸造責任者に変わり、味わいがさらに上品になりました。

早飲みもできますが、熟成のポテンシャルはピカイチです。

販売ページ